×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

 

東京眼鏡販売協同組合

メグロクドットコム   J&J 

 ボシュロム

  ALCON

SEED

 メニコン

HOME»  コンタクトレンズ・補聴器の購入について

コンタクトレンズ・補聴器の購入について

コンタクトレンズの購入について

当店では、処方箋を基にコンタクトレンズを販売しております。

【11206.jp】で初めてコンタクトレズをご購入の方は、ご購入の際には、処方箋が必要になります。
注文フォームで注文をしていただいた後、お手元の処方箋を下記のFAX番号にお流しください。
処方箋の有効期限・処方したクリニックなど確認した上で注文を承ります。

お取り扱いコンタクト(使い捨てソフトコンタクト・ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズ)
※使い捨てソフトコンタクトレンズ以外は当院のクリニックにて処方してから販売いたします。
※【当店にて診察を受けていただいているメンバーの方は処方箋をFAXする必要はありません。】

<送信先>FAX:03-3714-1405/11206.jp/山崎眼鏡院 宛て

※処方されたレンズデータによっては当社ではお作りできない事があります。
この場合、別途ご連絡させていただきます。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です

医師の処方を受け、現在、コンタクトレンズをお使いの方を対象としております。
必ず医師の処方を受けた上でご注文ください。コンタクトレンズが初めての方や、検査を長く受診されていない方には販売することができません。

■高度管理医療機器
「医療機器」は、万一不具合を生じた場合に、人体に対するリスクの度合いによって3つに分類されます。
①一般医療機器 : リスク低(医療用はさみ、メガネレンズなど)
②管理医療機器 : リスク中(補聴器、MR装置など)
③高度管理医療機器 : リスク高(AED、ペースメーカーなど)
この3つの分類の中で、コンタクトレンズは最もリスクの高い「高度管理医療機器」に分類されています。
皆様が安心してコンタクトレンズをお使いいただけるよう、常に皆様からのご質問やご相談をお受けしたいと思っております。
どうぞお気軽にお問合せください。

補聴器の購入について

お取り扱い補聴器メーカー

リオン補聴器

くわしくは、お電話にてお問い合わください。
担当 新田